PROFILE

ORIGIRING 横浜 根岸 桜木町 関内 馬車道 バレエ ダンス

主宰 岩沢彩

 

4歳よりクラシックバレエを始める。安田史樹、安田朱美に師事。

東京バレエ団に在籍。「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」等古典作品の他、ジョージ・バランシン、モーリス・ベジャール、フェリックス・ブラスカ等の創作作品に出演。国内外の公演に参加。

同バレエ団退団後、ジャズダンスやモダンダンス、コンテンポラリーダンス等の様々なダンスを学ぶ。

宮本亜門演出のダンス公演「7-七つの大罪-」にソリストとして出演、ソロを踊る。また、長野オリンピック開会式や、リン・チャールズ振付「内/外」他、バレエやコンテンポラリーダンス等の国内外の振付家の様々な作品に多数出演。

 

2009年より自身の振付による作品を様々な舞台で発表。創作活動に取り組む。

2012年 単独公演「めぐる」を発表。

 

1997年〜2008年 ヤマハカルチャーセンター経堂にてクラシックバレエ講師を、2010年〜現在 チャコットカルチャースタジオ池袋劇場通りスタジオにてクラシックバレエ講師を、2013年〜2021年 美和クラシックバレエにてコンテンポラリーダンス講師を務める

 

1999年より彩バレエスタジオを主宰し、2013年より作品の創作やクラスでのワークを、踊りでの一つの軸を持つ活動へ、と名称を ORIGIRING に改める。

2014年 ORIGIRING Project Dance Performance 「応答惑星」を発表。

2015年 ORIGIRING Project Dance Performance 2nd 「FOR」を発表。

2016年 ORIGIRING Project Dance Performance 3rd 「Bag」を発表。

2017年 ORIGIRING Project Dance Performance 4th 「カケラ」を発表。

2018年    ORIGIRING Project Dance Performance 5th 「Me loss/メロス」を発表。

 

2020年 単独ソロ公演「live」を発表。

 

現在、ダンサー・振付家・バレエクラス コンテンポラリーダンスクラス指導者として活動を続ける。